着物買取とは?どのような流れで行うか

査定、金額の提示、現金化が基本です

普段着も着物と言う人は少なくなっていますが、着物を着る機会が多い人と言うのは、着物のメンテナンスについても熟知しており、しわになってしまう、汚れが落ちなくなる、虫食いに遭わないなど、コツを知っていますよね。
しかし、普段着物を着る機会が無い人にとって、着物のメンテナンスを怠れば、いざ着物をと言った時に、しわがあって着る事が出来ない、虫食いの穴が開いてしまったと言った事も起きてしまいます。
不要な着物は買取りに出す事で現金化が出来ます。
買取り店を見つけた後は、お店に持ち込む、自宅まで来て貰う、宅配便で送る、と言った方法で査定を受け、査定額が提示された時に了承出来る金額であれば、現金化と言う流れになります。

来店の場合も事前連絡をしておきましょう

出張での着物買取りの場合は、最初にお店に連絡をして日時を決める事になりますが、来店の場合も事前に電話などで連絡をしておけば、スムーズに査定を受ける事が出来ます。
お店の中には手ぶらで買取りが出来る所もあるのですが、手ぶらで買取りと言うのは、予め宅配便を利用してお店に着物を送り込んでおいて、来店出来る時にその場で現金化が出来る買取り方法です。
一般的な宅配買取りの場合には、品物が届いてから査定、後日査定額を知らされて、その後振込みと言う形になりますが、手ぶらで買取りが可能な場合には、その場で現金を受け取る事が出来ると言うメリットがあります。
また、来店による査定の場合も金額が提示されるまでに時間を要してしまいますが、こうしたサービスを行っているお店もお勧めです。