着物買取の際に気をつけるポイントとは!?

着物の状態を把握しよう

押し入れやタンスにしまったままの着物、正しく保管してあっても長期間そのままにしておくと、着用せずとも劣化が進んでしまいます。もう着ることがない場合は、捨ててしまうよりは着物を着てくれる人に活用してほしいですね。身内や知り合いに譲る予定のない方は、中古着物の専門の買取業者に依頼してみるのも着物を活用する方法です。
着物は生地の産地や作家物などで査定が大きく変わります。着物の保証書といえる証紙があれば高額査定が期待されます。
また、どんなに良い素材でもシミや汚れがあると査定に影響があります。依頼する前にシミや汚れ、色あせなどを確認しておきましょう。傷みが軽度であれば着物として買い取ってもらうことも可能です。その判断が難しい時は、査定の前に業者に問い合わせてみることをおすすめします。

シミや汚れがあってもあきらめないで!

シミや汚れが目だったり着物の状態が思わしくなかった場合でも、洋服や和テイストの小物にリメイクしたりハギレとして買い取る業者もあります。インターネットでは着物専門の買取業者やリメイクの業者のホームページや比較サイトがあり、買い取る条件などの詳細が明記されています。また帯や和装小物などを取り扱う業者もあるので、事前に確認してみることが大切です。
近くに買取業者の店舗がなくても、出張や宅配などでの対応もあり自分に合った査定方法を選ぶことができます。出張は店舗へ持ち込んだ時と同じように目の前で査定してもらえますが、出張の範囲が限定されているところもあるので注意が必要です。宅配の場合は自分で荷物をまとめなくてはいけませんが、遠方でも査定の依頼が可能です。